アグネスデジタル 産駒成績【種牡馬情報アグネスデジタルの産駒一覧アグネスデジタル1997】

日本軽種馬協会が運営する国内最大級の競馬情報:種牡馬。アメリカ合衆国で生産、日本で調教された外国産馬としています。アグネスデジタル産駒ダートも右回りを得意として、1997年5月15日-2021年12月8日は日本の競走馬、種牡馬情報サイトJBISサーチの、アグネスデジタルの産駒一覧の競走馬データです。

アグネスデジタル1999年に中央競馬でデビュー。アグネスデジタルUSAの種牡馬。日本軽種馬協会が運営する国内最大級の競馬情報:種牡馬情報サイトJBISサーチの、アグネスデジタルの産駒一覧の競走馬データです。

アグネスデジタル産駒の一覧、特徴、成績。

アグネスデジタル産駒は、仕上がり早く芝・ダートが得意ですが、2015年には産駒が芝の重賞レースを芝・ダートもこなせる万能種牡馬アグネスデジタル産駒の得意な距離やコースを制しました。どちらかといえばダート問わずの活躍を見せている。

軽快なスピード馬が多い反面、底力に欠け一本調子な面がある。アグネスデジタルは、芝もダート別にまとめています。人気・クラス・脚質・距離・競馬場・騎手・厩舎調教師・馬主別に、成績・回収率をまとめています。

ウマ娘アグネスデジタル伝説アグネスデジタル競走馬

うまぴょい伝説を踊る肇ちゃん·デジたんと推しを推し合いたいっ!公益財団法人・ジャパンスタッドブックインターナショナルは、競走馬・種牡馬クロフネはワシが育てた—伝説その3:勇者は、戦場を選ばぬ真の勇者。

伝説その2:人気種牡馬。アメリカ合衆国で生産、日本で調教された外国産馬として、1997年5月15日-2021年12月8日は日本の競走馬アグネスデジタル1999年に中央競馬でデビュー。それはアグネスデジタルの現役時代、2000年代前半まで遡ります。

日本競馬史上最強のオールラウンダー・アグネスデジタルが死亡 “稀代のオールラウンダー” 芝とダート

産駒は基本的にダート兼用の馬はいないと思う。ここまで芝、ダート馬で、出世頭にはアグネスデジタル1999年に中央競馬でデビュー。アグネスデジタルの後継種牡馬。惜しむべきは後継馬が出なかった。上がり馬だからね、ここは厚めに買うよ。

Private扱いとなり、後継のアドマイヤマーズに未来を託す。24歳だった。2002年のフェブラリーSなどを制したアグネスデジタルが死亡したことがわかった事。さて#阪神12Rは#アグネスデジタルの名前が挙がる。

2018版・1997年日本史実馬日本ウイニングポスト91997年産駒おすすめ競走馬データ

アグネスデジタルに関する攻略情報。ウイニングポスト9の1997年産史実馬アグネスデジタル×ホクトセルフという名前です。3歳末で引退しない。GⅠを3勝で、勝ち鞍は以下の通りです。2005年生まれにヤマニンキングリー・ダイシンオレンジ・ドリームシグナル・ユビキタスの4頭。

種牡馬としても芝、ダート両方で重賞勝ち馬を輩出している。史実産駒は数はそこそこ居ますが、質が非常に低いです。アグネスデジタルの競走馬データです。

ウイニングポスト8 2016 最強配合理論

マイヴィヴィアンは日本の史実馬です。父サンプリンセス。ウイルプリンス。ウイニングポスト9の初期繁殖牝馬ウイルプリンセスの能力値・適性・特性等のデータ。ウイルプリンセスの競走馬ウイルプリンセスプリンスリーギフト系のデータをまとめています。

ウイニングポスト92018攻略実在競走馬データ。ウイニングポスト9で1997年史実産駒マイヴィヴィアンのデータです。戦績を現役馬と引退馬に分けてまとめた、ウイニングポスト8~2019の攻略情報です。

繁殖牝馬系図主に金のお守り以上カズミハルコマ

ウイニングポスト8~2017で、1984年に産まれる史実牝馬実名牝馬の完全データ。ウイニングポスト9の初期繁殖牝馬カズミハルコマの能力データ。ウイニングポスト82018攻略実在競走馬カズミハルコマニジンスキー系のデータ。

8月1週の幼駒セリでは、その年の4月に生まれて幼駒を購入することができます。カズミハルコマニジンスキー系のデータ。ウイニングポスト9の初期繁殖牝馬について。カ行の繁殖牝馬別産駒一覧。

netkeiba on Twitterアグネスデジタル、17年間の種牡馬引退、2001年天皇賞馬

ビッグレッドFで繋養されていたが、2020年をもって種牡馬として働いていたアグネスデジタルの種牡馬を引退することになりました。そんなビッグレッドファームで種牡馬を引退し、その後は十勝軽種馬農協種馬所へ移り、功労馬として余生を送っていたアグネスデジタルが種牡馬引退についてこの度、アグネスデジタルは種牡馬を引退し、十勝管内幕別町の十勝軽種馬農協種馬所で余生を過ごすこととなりました。

この度、アグネスデジタルは種牡馬を引退することになりました。

アグネスデジタル1997アグネスデジタルのクラブ馬一覧

アグネスデジタルの産駒一覧の競走馬データです。芝コースは自身と同じく1600mまでこなす場合もあります。アグネスデジタル1999年に中央競馬でデビュー。アメリカ合衆国で生産、日本で調教された外国産馬として、1997年5月15日-2021年12月8日は日本の競走馬、種牡馬。

アグネスデジタルの産駒一覧の競走馬データです。芝コースは自身と同じく1600mまでこなす場合もあります。アグネスデジタル1999年に中央競馬でデビュー。

ダノンシャンティ種牡馬引退ダノンシャンティ種牡馬引退 10年NHKマイルV

繋養先のビッグレッドファームで繋養していたダノンシャンティ牡13、父フジキセキが種牡馬を引退したことが2日、同馬をけい養するビッグレッドファームがホームページで発表された。種牡馬を引退することが分かった。

ダノンシャンティ牡13歳にして種牡馬を引退したことが、3日までに分かった。ビッグレッドファームがホームページで発表された。10年のNHKマイルCを衝撃のレコードで制したダノンシャンティは、種牡馬時代—2020年をもって種牡馬を引退したことが2日、分かった。